FLUFFY-YOWYOW-NYC

スポンサーサイト


Edit Category スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイニングバー アパカバー(横浜市神奈川区)


Edit Category ステッカーを置いて頂いてる店舗のご紹介;)
横浜市 神奈川区にあるアパカバーにも、web store Fluffyのステッカーを置いて頂いています!!!
389244_10201266977865142_387701690_n.jpg



tan616_apakabar04.jpg

tan616_apakabar02.jpg

tan616_apakabar01.jpg

1522c628.jpg
ー今回のアパカバーご紹介は、素晴らしいコメントを書いていらっしゃった、
meetsPEOPLE編集長/1981年生まれ/散歩する移動本屋「MAMEBOOKS」店主 峰尾 亮平さんのコメントを引用させて頂きました。ー


ダイニングバー「APAKABAR」アパカバー
住所:横浜市神奈川区松本町1-2-3 1F)
電話番号:045-323-0707(※営業電話はご遠慮ください)
営業時間:18:00~1:00(日曜日、祝日は24:00まで)
定休日:無
ペット同伴可
アクセス:反町駅 徒歩1分/神奈川駅 徒歩9分

去年11月にめでたく17周年を迎えたそうです;)

APAKABAR東急東横線反町駅の道路向かいに1995年にオープン。
ジャマイカに十数回訪れているというオーナーの永吉美和さんは横浜生まれ横浜育ち。
反町駅前の行き交う人を見つめるようにお店は17年の時を経過。


メニューには名物のジャークチキンやタコライスをはじめ、ピザ、パスタ、
ベジタリアン向けのご飯や玄米などが並んでいます。
地元横浜で採れた野菜を農家から直接仕入れて積極的に使用するなど、
「心と身体にやさしいご飯」を食べれるお店として、
子供連れ客やリピーターの多い店。



不定期に店内で行われるライブでは「APAKABARならでは」と言いたくなるようなあたたかい空気が店内を満たし、「APAKABARでのライブ」を楽しみにしているミュージシャンも多いほど。


店内ではレゲエを中心に美和さんがセレクトした音楽が流れ、
料理お酒とともに「やさしい時間」を演出しています。


APAKABAR店外の黒板にはある言葉が書かれています。
何度かAPAKABARに足を運ぶようになってから、
「選べるという幸せ」

「今日食べるものが明日のあなたを作る」

という想いを、わたしはその言葉の意味するものとして受け取るようになりました。

17年のうちに、10代の頃からお店に通っていたお客さんが子供を連れて来店するようになったなどというエピソードは、地域の住人とともに時間を重ねてきたお店ならでは。

******************************************
と、とっても素敵なバーです;)
私も何度か軽く飲みに行った事がありますが、お店と店主の美和さんの雰囲気がとてもあったかくて素敵でした♪
次回は、ご飯を食べに行ってみたいと思います♪
あー楽しみ♪

協力してくれたパパ、ママ、美和さん、本当にどうもありがとうございます;)
感謝します;)respect!! xo

************************************************
web store Fluffyは、
日本ブログ村に参加しています;)
どれでもお好きなアイコンをクリックして頂けると嬉しいです♪
にほんブログ村 ファッションブログ 洋服へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ レゲエへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
xo Yowyow
スポンサーサイト
 
06 2013
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

05 07


 
WEBSITE
 
プロフィール

YOWYOW

Author:YOWYOW
Fluffy BLOGを見てくださってありがとうございます。
このBlogを書いているのはNYC Brooklyn在住 Yowyow(ようよう)です;)
初めましてのの方も、大好きなお友達も、よろしくお願いします<3

 
 
 
 
BLOGカウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
検索フォーム
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。